オスグッドを自宅で治す パートナーズケア動画 栃木県栃木市 ふくろう接骨院

2016年08月29日

友だち追加

    

こんにちは Fukurou TVの堀江です

今回はオスグッドを自宅で治すパートナーズケア動画をお届けします。

オスグッドは成長期に膝の下にある脛骨粗面という部分が痛くなることが多いです。

膝のお皿から脛骨粗面に膝蓋靭帯という靭帯が付着します。膝蓋靭帯は太ももの前面の筋肉である大腿四頭筋が腱となって膝蓋靭帯(膝蓋腱)となります。

成長段階では骨端軟骨といい脛骨の端が軟骨になっています脛骨粗面も完全に骨としてくっついていないため脛骨粗面につく膝蓋腱が膝の屈伸動作の反復等で脛骨粗面を引っ張ってしまいます。

大腿四頭筋の使い過ぎや柔軟力の低下、急激な筋トレ等の負荷が加わり痛みが出現してきます。

当院の治療としての考えでは痛みが激しい場合はまずレントゲン検査をします。痛みが激しい場合は剥離骨折を起こす場合もあるので検査をします。
剥離が無いのがわかったら運動にもよりますが1~2週間運動を中止します。運動中止時は大腿四頭筋の柔軟力をつけるのと筋肉を緩める手技、関節運動治療などを施します。運動を中止時期を過ぎたら少しづつ運動を再開し運動後はアイシングを施します。2週間運動を中止して痛みがあってもそれ以上は休ませないようにします。

なぜならば、運動を再開するとどのタイミングでも痛みが出現しやすいためです。運動中止が長引くと本人のやる気も無くなったり、運動での立場が悪くなったり、友達関係も崩れたりしやすいのもあります。
たとえ2ヵ月休んでも運動開始をするとまた痛くなることが多いです。

運動をしながら治すことが必要です。ただし自宅でのケアや運動後のアイシング、運動する際のテーピング等が必要になります。

自宅でケアを積極的に行い早期にスポーツ再開ができることを願い動画をアップしました。

1人でも多くの子どもが参考になれば幸いです。

Fukurou TV
チャンネル登録をしてご覧ください

https://www.youtube.com/channel/UC20DmBAf4H1IuAtD-sdW0fg

 

なぜ、ふくろう接骨院の産後骨盤矯正は
栃木県全域の産後女性が多く来院するのか?

https://www.fukurou-sekkotsuin.jp/news/pelvis-correction/post647.html
s_262477 (2)



 


ふくろう接骨院で行う小顔矯正術のホームページはこちらです。

https://www.fukurou-sekkotsuin.jp/face/

s_IMG_1279

 

 

ふくろう接骨院 公式 LINE

予約やご質問はこちらへどうぞ
どんな些細な悩みでもお答えします。
院長へ直接届きます
大多数の方が登録してメッセージを送ってくださいますのでお気軽に登録してくださいね。

REIN
またはID 29600720 で登録