【肋間神経痛の治療】 栃木市 ふくろう接骨院

2022年06月6日

肋間神経痛とは

肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)とは病名ではなく症状名の一つになります。肋骨は左右12本あり、肋骨と肋骨の間を肋間といいますがその肋間部にある神経に痛みを生じる場合に肋間神経痛といいます。

肋骨は背骨の胸椎という場所から出ています。背骨の中は脊髄という神経の束がありそこから肋骨の間に神経が通ってきます。その神経が何らかの原因で痛みを出すことを肋間神経痛といいますが、原因はたくさんあるため総称して肋間神経痛といいます。

肋間神経痛の症状

肋間神経痛は原因によって違いはありますが、神経痛なので痛みがメインとなります。一般的には片側だけに出ることが多いです。

  • 肋骨に沿った痛み
  • ズキンとする痛み
  • 針で刺されるような痛み
  • 息を吸うと痛む
  • 体を捻ったり動かすと痛む   etc

上記のような痛みが出やすいです。肋間神経痛は鋭い痛みを感じる方が多いです。肋間神経を筋肉が圧迫することが多いため姿勢を変えたり息を吸ったりすると痛みを感じやすいです。

肋間神経痛の原因

肋間神経痛は原因が分かるものと分からないものがあります。原因が分かるものでは外傷(骨折後)や腫瘍、胸椎ヘルニア、帯状疱疹ウイルス等はMRI検査等の画像診断や血液検査で分かりますが、検査を行っても分からないものの方が多いです。

姿勢不良や筋肉の過緊張、ストレスなども原因になるため診断がつかないことも多いです。

肋間神経痛の一般的な治療

まず大切なのはどのような症状でも整形外科や病院等で診察を受けてください。先述したように肋間神経痛は原因の分かるものがあり、重大な病気が隠れてる場合もあるため必ず病院等で診察を受けてください。診察を受けて重大や病気等が除外された後に一般的な治療院で施術を行ってみてください。

整形外科や病院→薬物療法や日常生活指導

整骨院や整体院→マッサージや電気治療

これらの治療法が一般的ですが、まずこのような治療や施術を行い改善すれば問題ないですが、しばらく通っても改善しない際は別のアプローチを行うことも必要です。

当院で行う肋間神経痛の施術

ふくろう接骨院ではどこから肋間神経痛が出ているのかを姿勢検査や可動域、筋力検査などを用いて検査を行い、その後施術を行いますが、まずは各関節の調整から行います。

肋間神経痛は骨盤や背骨、肋骨の関節を調整し正常化させその後に筋肉の施術に入ります。肋間神経痛は痛む部位や背中だけを治療してもあまり変わりません。巻き肩や頚の位置など重心を安定させることも必要になってきます。

肋間神経痛の治療を受けるには?

ふくろう接骨院で肋間神経痛の治療を行うには電話又はLINEにてご予約下さい。
電話やLINEにて【肋間神経痛の治療】若しくは今ある症状をお伝え下さい。

肋間神経痛の治療 料金

治療は患者さんの治療頻度、予算、目的によってメニューを院長と相談し決めていくので安心してご相談ください

 初診料 2000円
肋間神経痛の専門治療 3850円
              合計5850円


友だち追加

 

 

電話番号 0282-20-2960

この記事を書いた人